医院ブログ|豊中市熊野町で歯科をお探しの方はかみなか歯科クリニックまで

  • 電話
  • メニュー

2018年度 9月セミナー 歯科における外科手術について

2018年10月11日 カテゴリ:未分類

こんにちは、歯科衛生士の三宅です。

いつの間にか猛暑も過ぎ去り、少しずつ涼しい日が増えてきましたね!

当院は少しだけ季節を先取りして、ハロウィンの可愛い飾りつけが登場しました。

受付回りやガラス扉など……皆さまも院内に隠れたお化けたちを探してみてください( *´艸`)

 

さて、今月の勉強会では阪大から天羽先生に来ていただき、講義をしていただきました。

今月の講義は『切開』

これだけ聞くと少しだけ怖い響きですが、歯科の治療でも特に大切な処置のひとつである、外科治療をより正確に、安全に進める為には外せない分野ですね。

 

 

歯科の治療では基本的に

 

初診(どんな部分に痛みがあったり、気になったりしているかを問診などをしていきます)

検査(お口の中に、虫歯があるのかどうか、中に入っている被せ物がどんな状態か、歯肉はどんな状態かを専門的に検査、記録していきます)

初期治療(虫歯や被せ物の処置、歯磨き指導、お口の中の清掃などが主になります)

メインテナンス(お口の中を正常な状態で保つための定期健診などのことですね)

 

の流れをとることが多いのですが、外科治療は初期治療の後、メインテナンスの前に行われます。

初期治療に外科治療をプラスすることでより良い状態のお口の中になる患者様には、しっかりと説明をさせていただいた上で処置を進めていきます。

 

 

今回の講義では、その際に使う器具や、処置の方法などの専門的な部分、そして私達アシスタントの動き、心構えなどを教えていただきました。

改めて講義を受けると、新しい発見が多く、プロとしてもっと成長するためにまだまだ精進が必要だなと改めて気持ちが引き締まりました……!

 

 

外科治療が必要になった場合、治療を受けられる患者様が怖い、と感じてしまうのは当然の事かと思います。

患者様にはご自身のお口の中がどういう状態で、どんな治療が必要なのか、なぜ外科治療が必要なのか、気になる所、不安な所などについて私達スタッフがしっかりと把握し、安心していただける様にご説明いたします。

また、私達は少しでも皆様に安心して任せていただける様に、技術、知識面共に日々勉強していきますので、なんでも聞いてくださいね!