医院ブログ|豊中市熊野町で歯科をお探しの方はかみなか歯科クリニックまで

  • 電話
  • メニュー

2020年10月29日 カテゴリ:かみなか歯科クリニック 院内勉強会

こんにちは✨
受付、助手の木山です。

今回の院内セミナーのテーマは『顎関節症』についてお話しをして頂きました🦷

・顎が痛い
・口を開けるのが痛い
・口が開きにくい
・顎を動かしたら音が鳴る
・頭、耳が痛い
そんな症状を感じた事はありませんか?
これらの症状の多くが『顎関節症』と診断されます。

では、顎関節とはどこにあるかご存知でしょうか❓

両側の耳の穴の少し前に人差し指を置いて口を開け閉めしした時に骨がぐりぐり動くのが分かると思います。 そこが顎関節です。

顎関節は手や足の関節などと違って、
大きく口を開けると下あごの骨が関節から外れるように前に移動します。
左右の顎関節が下顎骨の両端にあり 左右の顎関節が一対で動きます。
右の顎関節を動かそうと思ったら必ず反対側の左の顎関節も動きます。

そして顎関節症と言っても4つの分類に分けられます✨
I 型:咀嚼筋痛障害
・咬筋、側頭筋使いすぎ
・疼痛の発生部位が筋肉
II 型:顎関節痛障害
・顎関節の中に炎症
・疼痛の発生部位が顎関
節部
III型:顎関節円板障害
・関節円板の異常
・運動時、音が鳴る
・口が開かない
Ⅳ型:変形性顎関節症
・骨変化を認める

しっかり診断するには、
CT→骨の診断
MRI→軟組織の診断
が必要になります。

顎関節症の治療方法✨

原因となっているものを取り除く治療と痛みなどの症状を緩和する治療を症状に応じて組み合わせます。

⭐️認知行動療法⭐️
思考や行動の癖を把握し、自分の認知・行動パターンを整えていく。

⭐️理学療法⭐️
筋肉をほぐすマッサージ、開口トレーニングなど。

⭐️薬物療法⭐️
抗炎症剤や鎮痛剤など用います。

⭐️マウスピース⭐️
クッション性をつけて顎への負担を減らすことや夜間の歯ぎしり、食いしばりを防止することができます。

原因を知り、適切な介入で早期改善につながりますので、
顎の違和感など、少しでも気になる事があればお気軽に相談してくださいね😊🦷

2020年10月3日 カテゴリ:かみなか歯科クリニック 院内勉強会

こんにちは!4月からかみなか歯科クリニックで勤務している衛生士の五十嵐です!

最近少し涼しくなってきましたね😉

今回の院内セミナーのテーマは

「マタニティー歯科について」です🦷

妊娠をするとホルモンバランスの影響や
体調の変化によりお口の中の状況も変わってしまいます😢

▶︎例えば悪阻(つわり)です!
悪阻の影響によりお口のケアをすることができず、
虫歯になってしまったり、吐くことによって胃酸の影響で歯が溶けてしまう「酸蝕症」が起こってしまいます。

そこで虫歯や酸蝕症を防ぐためには…
①体調が良い時に歯を磨く
②ながら磨きをする(例⇨テレビを見ながら📺)
③歯ブラシの先を小さいサイズにする
④悪阻後は水でお口をゆすぐ

などが挙げられます!

もし妊娠中に虫歯になってしまった場合は、
安定期(5ヶ月〜7ヶ月)に入ってからの治療をオススメします!🤰
妊娠中だと麻酔が出来なかったりお薬が飲めないイメージがありますが当院では妊娠中の方にでも使用できる麻酔薬と安全に飲めるお薬もあります!💉💊

—————————————————-

そして虫歯や酸蝕症以外に「歯周病」があります。

▶︎「歯周病」とは歯を支えている骨が溶けてしまい
最悪の場合歯が抜けてしまう病気です🦷👿

妊娠の方が歯周病になると、
①早産になる可能性がある
②低体重出産になる可能性がある
この2つになってしまう理由はまだはっきりとは解明していないのですが、統計学的に挙げられています。

お口の中をこのような敵から守る為に
妊産婦歯科検診に是非お越し下さい!🦷✨

私達がお口の中のサポートをさせて頂きます😊

2020年9月6日 カテゴリ:かみなか歯科クリニック 院内勉強会

本日のセミナーのテーマは
「歯科領域の審美性」です。

第一印象で話し方などはもちろん
非言語の顔の表情、視線、身振り、手振り、姿勢など
すごく大切ですよね🌈✨

歯科では歯だけではなく色々な審美性を
改善することが出来ます🦄💎

歯科領域の審美性と言われて
思いつくのは

・歯科矯正
・インプラント
・自費の被せ物

などではないでしょうか🤔💭

実は歯科では鼻より下に
・ヒアルロン酸
・ボトックス
を注入することができます(⊙⊙)‼

まずはヒアルロン酸とは

1 ほうれい線 笑った時にできるシワ
2 口角 口角のリフトアップ
3 マリオネットライン 口角から下に伸びるシワ

施術

表面麻酔をしてから注入するので
痛みはありません(๑°ㅁ°๑)‼

効果は半年程持ちます( ¤̴̶̷̤̀ω¤̴̶̷̤́)✧
次にボトックスとは

1 ブラキシズム 歯ぎしり
2 ガミースマイル 上の唇が挙がり歯茎が見える
3 オトガイの緊張

ブラキシズムの方にボトックスを注入すると
ほっぺの筋肉の力が緩み
歯ぎしりもマシになり輪郭もスッキリとします🤞
興味のある方は是非スタッフにお声かけください🧚‍♀️

2020年7月29日 カテゴリ:かみなか歯科クリニック 院内勉強会

こんにちは😄
初めまして、歯科衛生士の木村です😊

今回の院内セミナーは【矯正治療の流れ】について
院長から講習を受けました。
矯正治療を開始するにあたってまず『診査』を行います。

診査の内容は ①顔貌(がんぼう)
②歯列
③歯

この3点を細かいところまで診ていきます。

①顔貌とは目や口、鼻などの形、配置などを含めての
顔の様子のことをいいます。
その為に、 ・口腔内写真
・レントゲン撮影
・型取りをして模型を作製

さまざまな角度から資料をとります。

②歯列
資料をとった上で、顎の大きさと歯とのバランスを診てい      きます。
バランスが崩れることにより歯並びがガタガタしたり、
出っ歯、受け口になります。

③歯
歯根の位置などを診ていきます。

この3つを精査し、
理解していただいた上で矯正を開始していきます。

矯正治療にはI期治療とII期治療があり、
I期治療の開始目安は
✳︎上下の前歯が交換してくる時期
✳︎6歳臼歯が萌出してくる時期
の5〜7歳頃が目安です。

I期治療では患者さんに合った装置を選択し、
使用していただいています。

☆クワドヘリックス

・ゆっくり拡大することでスペース不足を改善
・固定式

☆床矯正装置

・ゆっくり拡大し、スペース不足を改善
・取り外し式
・就寝時は必ず装着

☆プレオルソ

・上下顎をゆっくり拡大し、スペース不足を改善
・口腔周囲筋、舌の位置をコントロールする
・取り外し式で、就寝時は必ず装着

I期治療ではお子様が主に使用されます。
取り外しの装置もあるので結果が患者さんの協力度により
左右されます。

また、I期治療はあくまでもII期治療へ進むステップです。
お子様の矯正をお考えの方は
お気軽にご相談ください☺️

2020年1月28日 カテゴリ:かみなか歯科クリニック 院内勉強会

こんにちは!
歯科助手の大平です^ ^

毎日寒い日が続いていますが、皆様体調管理は大丈夫ですか?最近インフルエンザも流行っているので、しっかりと風邪対策をして下さいね!

今回は阪大から小林先生に来て頂き、”接遇”についてお話をして頂きました。

診療を行っていく中で様々な場面に遭遇することがあります。その時に焦らず、迅速な対応を取るために必要な心得についてお話を聞きました。

当院も今年で3年目を迎えるにあたり、患者様一人ひとりに寄り添った対応・診療に取り組み、患者様との間にしっかりと信頼関係を築いていく事の大切さを再度認識することができました!

これからも患者様に少しでも快適な治療を出来るようにスタッフ全員で取り組んでいきたいと思います!

現在、当院では患者様からのご意見を参考にさせて頂きたくアンケートを実施しております。待合室のキッズスペース前のテーブルに設置しております。何かお気付きの点等ございましたらアンケートへのご記入よろしくお願いいたします!

2020年1月16日 カテゴリ:かみなか歯科クリニック 院内勉強会

新年明けましておめでとう御座います🐭💗

歯科助手の阿部です!

年が明けてから少し経ちましたが、皆さま年末年始はいかがお過ごしでしたか?

私はカウントダウンライブに行き新年を迎えました🙋🏻‍♀️🎉

今年も皆さまにとってより良いサポートが出来る様に努めて参りますので本年もどうぞ宜しくお願い致します。

さて2019年最後のランチセミナーは「う蝕」について天羽先生から講習を受けました。

う蝕と聞いてもピンとこない方が多いかもしれませんが“う蝕=虫歯”の事です。

虫歯になって歯が痛くなったら歯医者に行く!と、言う方が多いと思います。

私も実際、歯科業界で働く前までは虫歯になって歯が痛くなってから歯医者に行ってました🤦🏻‍♀️💔

むしろ歯が痛くなければ歯医者には行ってませんでした。

そもそも虫歯ってなに?なんで虫歯になるの?

➡︎口の中の細菌が糖質から作られた酸によって歯が溶けて起きる歯の実質欠損の事です。

初期の虫歯は見た目にはわかりづらく痛みもありません。しかしそのまま放置し進行が進んでしまうと冷たいものがしみたり痛みを生じたり歯が黒くなって穴が開いた状態になったりします。

IMG_4278.jpeg

➡︎「歯の質」「細菌」「食べ物」「時間」の、4つの要素が重なり合って虫歯の原因になります。

口の中には様々な細菌が存在します。

その細菌の中で虫歯の原因となる菌が「ミュータンス菌」です。

ミュータンス菌は糖分を餌として増殖し“プラーク=歯垢”(食べ物の残りカスが原因で歯の表面についた白くてねばねばした細菌が繁殖したもの)を作り歯の表面に付着します。

食後の口の中はミュータンス菌や乳酸菌などのはたらきで酸性になり、歯のカルシウムを溶かし始め虫歯を発生させてしまいます。

IMG_4281.jpeg

虫歯は歯周病と並び2大歯科疾患で抜歯原因第2位!!

また虫歯の好発部位は

IMG_4280.jpeg

①奥歯の歯の溝

②歯と歯の間

③歯と歯茎の境目

です。

小児〜若年者

・乳歯列期

虫歯が多発している場合、家庭の健康観や          社会的要因が大きい

好発部位:上顎の前歯に多い

IMG_4285.jpeg

・混合歯列期(乳歯と永久歯の交換期)

六歳臼歯(永久歯)などに注意

好発部位:第一乳臼歯・第二乳臼歯間(乳歯の一番奥の歯とその手前の乳歯の間)

IMG_4290.jpeg

六歳臼歯は完全に生えるまでに約1年かかります。その間は手前の乳歯より背が低く、ふつうの磨き方ではハブラシの毛先が届かず、とてもむし歯になりやすいです。一生使う大切な歯なので虫歯にならないように、生えはじめの小さい歯のときからきちんとケアしていきましょう。

また永久歯は生えてから2年間が一番虫歯になりやすいと言われています。

生えたての歯は、大人の歯でもまだ構造が未完成で柔らかく虫歯になりやすいです。

この時期に効果的なのが、歯の質を強くするフッ素塗布が非常に効果的です!

年に2回以上定期的に受ける必要があります。

絶対に虫歯にしてはいけない!という意識を、親御さんにも子どもにも持ってもらうことが大切です。

IMG_4283.jpeg

高齢者の虫歯

根面う蝕が多い(歯の根元にできる虫歯)

IMG_4286.jpeg

根面う蝕とは、歯茎が下がって露出した根面にできる虫歯のことです。

歯周病や間違った歯磨きによる歯茎の退縮(歯茎が下がること)

歯茎が退縮すると歯の根の部分が表面に露出してきます。露出した歯根はエナメル質におおわれた歯冠に比べ軟らかいため、とても虫歯になりやすく、進行も早いです。

歯科治療は終わった後がとても大事です!

全て虫歯が治ったからおしまい!ではありません。

・二次カリエスについて

二次カリエスとは、虫歯の治療で詰め物や被せ物をした後に再び虫歯になることをいいます。